MMS(モービルマッピングシステム)

HOME > MMS

MMS(モービルマッピングシステム)とは

走行しながら建物・道路の形状・標識・ガードレール路面文字・マンホール等の道路周辺の3次元位置情報を
高精度で効率的に取得することを可能にした、移動式高精度3次元計測システムです。

  • 測量級の高精度

    衛星可視状態において、絶対精度10cm(1σ)以内、相対精度1cm(1σ)以内を実現し ておりますので、 1/500の地図を作成できる精度を有しています。 公共測量作業規程の準則17条(豊中市様、高槻市様、神戸市様、上郡町様等)の実績もあり、公共測量にも認められた実績が多数あります。

  • 効率的な運用が可能

    計測、後処理共に専門的な知識無く運用可能です。計測時は、衛星不可視誤差を予測 してモニタ表示するので、衛星可視場所に移動してモニタを見ながらFIXするまで待 つなど、適切な処置を施すことができます。

  • 長距離計測も効率的

    面補正パラメータによるGPS補正(FKP方式)により、長距離の走行においても安定した精度が得られます。

    GPS補正とは GPS測位では自然現象等により測位誤差が生じます。全国に配置された電子基準点データを用いてGPS測位データを補正することにより、正確な位置情報を得ることが出来ます。MMSでは測位誤差を広範囲にわたり均一に補正できるFKP方式を採用することで、高精度GPS測位を実現しております。

    後処理ソフトに含まれる『基準点またぎ機能』を利用することにより、電子基準点位置を意識することなく、連続して計測が可能です。

各分野で利用できるMMSの成果データ

建設コンサルタント/測量業界での活用

  • トンネル調査(変位調査等)

  • 轍調査(路面調査)

  • 道路平面図作成

  • シミュレーション

  • 看板・標識調査

  • アセットマネジメント

  • 災害状況調査

建設業界での活用

  • オーバーレイでの利用提案

  • 情報化施工
    3次元地形データ収集

  • 道路工事前後の現況調査

  • トンネル調査(変位調査等)

  • 住民説明用3次元CG生成

地図業界での活用

  • 絶対座標による地物データ収集

  • 白線認識

  • 道地物認識

  • 高精度3D-GISベースマップ

インフラ業界および工場施設関連での活用

  • 工場内施設管理

  • 設備管理

  • 電柱/電線調査

  • 設備管理

自動車業界でのご利用分野

車両運動モデルにおける、バーチャル実証試験用、3次元リアル道路データをMMSで取得します。

走行するだけで、リアル高精度3次元道路データを取得します。
走行軌跡上のデータを取得でき、車線変更やUターン時の路面性状まで正確にシミュレーション可能になります。

走行後の道路データより以下のデータを提供します。 データピッチは、m単位、cm単位等、自由指定が可能です。 ピッチ毎の横断勾配も提供可能です。

計測〜図化の流れ

MMSのNETIS登録について

MMSは国土交通省の新技術情報提供システム(New Tech-
nology Information System:NETIS)に登録されています。
詳細な登録情報はNETISのWEBサイトにて検索することができます。

NETIS WEBサイトはこちら
副題 車両で走行しながら周辺空間の三次元計測を行うシステム
分類1 調査試験 - 測量 - 地上測量
分類2 災害対策機械
分類3 電気通信設備 - 電子応用設備 - 河川情報設備 - その他
分類4 電気通信設備 - 電子応用設備 -
管理用カメラ、センサー設備 - センサー
分類5 ITS関連技術 - 道路管理の効率化

お気軽にお問い合せ下さい

TEL:059-245-3651  FAX:059-245-3450 お問合せフォームはこちら

PAGE TOP